1.住宅塗装

塗装工事を行う最大の理由。それはお家の保護です。
外観不良などもありますが、塗装をする事で雨や紫外線などからお家を保護します。傷みがあまりに出てしまうと交換する事等おすすめしますが基本的に高額になってしまう事も少なくありません。傷みが進行する前に定期的な塗装工事を行う事でランニングコストを大幅に抑える事もできます。また塗料によって持ち年数もそれぞれ違いますのでお客様にとって最善なプランの選択をお手伝いします。

2.遮熱・断熱フィルム

窓ガラスから差し込む光や熱を大幅にカットします。
これは省エネ対策にも効果を発揮し、同時に断熱効果を兼ね備えたフィルムもあります。
そして紫外線を99%カットするので室内のクロス、フローリング、家具、家電等の日焼け、色褪せ、劣化を防止することができます。

3.目隠し・デザインフィルム

カーテンやブラインドでの目隠しが主流ですがそれらは閉めておく事で効果を発揮します。
室内を明るく開放的にした時には不便を感じるでしょう。
しかし目隠しフィルム・デザインフィルムを張るだけで室内の明るさを保ちつつ手軽にプライバシーの保護をする事が出来ます。
ミラータイプ、ハーフミラータイプ、スリガラスタイプ、グラデーションタイプ等様々なデザインがあります。

4.防犯フィルム

空き巣被害で最も多い手口のガラス破り。そして侵入時間はわずか数十秒です。
網目入りガラスですらハンマーなどで叩くとあっと言う間に割れてしまいます。
ただし侵入に要する時間が5分を超えてくると侵入をあきらめると言うデータもあります。
バット打撃試験でも敗れない強靭な防犯フィルムにより侵入をあきらめさせる事ができます。

5.災害対策・防虫フィルム

地震や台風など災害時に多くの怪我の原因となるのがガラスの飛散です。
窓際での就寝や災害時の避難時に裸足でのケースもおおいに想定出来る事でしょう。
そうした時に飛散を防止し怪我の予防となるフィルムです。

6.その他フィルム

防虫フィルム、抗菌・抗ウイルスフィルムなどがあります。
中でも主に大腸菌などの菌を大幅に抑制する抗菌フィルム、エンベロープ(脂肪膜)の有無に関係なく理論上ほぼすべてのウイルスに効果を発揮する抗ウイルスフィルムも注目されています。